ホーム > 環境・社会活動 > 自然薬グループ 長寿の森林募金 > フィトンチッドシャワーを浴びて健康増進

環境・社会活動

自然薬グループ 長寿の森林募金・フィトンチッドシャワーを浴びて健康増進

森林の中の散策が健康に良いのは、木々の緑が光合成を行って新鮮な酸素を作り出していることも一因です。また、森林独特の“香り”、森林の精気が関係していると考えられます。森林の発散する揮発性成分の総称はフィトンチッド(fitontsid)と呼ばれます。広義の意では、ハーブ類も含む植物が作り出す生理活性作用を有する物質全体を指しますが、一般には樹木由来のテルペン類に属する揮発性の生理活性物質を指すことが多いようです。その作用としては他の植物の成長阻害作用、昆虫などに対する摂食抑制作用、殺虫抗菌作用があるといわれます。いずれも樹木自身を護るための自己防衛作用であるとされます。

一方、防腐作用、抗菌作用、消臭作用の他、人間の神経系に対して何らかの作用を及ぼす可能性も示唆されていて、副交感神経に作用することをもってストレッサーの軽減、精神の安定あるいは開放感の説明に用いられています。また、体内に取り込まれると肝細胞中の酵素活性を高め、清涼効果、一部生理機能の活性化に寄与するという説もあります
(参考;森林医学、p16、2006、朝倉書店より)。

H16年8月 松寿仙愛飲者の集いin長野 森林を散策したあとの昼食は最高です!